靴 カビ

靴に白カビが生えてしまった場合の対処法とは?

シーズン外の靴を久しぶりに下駄箱から出してみたら、表面にカビがついてた経験ありますよね。

 

確かにショックな出来事ですが、もう一度靴を履ける状態にするにはついてしまったカビを落としてやる必要があります。
ここでは靴に生えてしまった白カビを落とすための対処法について考えたいと思います。

 

なぜカビが生えるのか?その原因は?

靴に付いたカビを落とす前に、まずなぜ靴にカビが生えてしまったのか知っておくことが重要です。

 

靴に生えるカビには大きく分けて、白カビと黒カビというものがあります。

 

白カビは靴の表面についていろ白い埃のようなものです。この白カビは比較的かんたんに落とすことができるんです。
ですが黒カビは靴の内部に根を張って、一度ついてしまえばなかなか落とすことが難しいものになります。

 

カビが育つ環境に湿度と雑菌が密接に関係してきます。

 

カビは靴についた汚れ、つまり雑菌などを栄養素として育っていきます、
さらに下駄箱などは湿度の高い状態なのでカビが最も好む環境とも言えるでしょう。

 

靴にカビが生えないためにも、なるべくマメな汚れ除去と、湿度が少ない環境にて保管してやることが必要になります。

靴に付いたカビの落とし方について

靴に付いたカビですが、軽度のものであれば以外と簡単に落とすことができるんです。

 

  1. 乾いた布にカビ除去スプレーをつけてから、表面の白カビを拭く
  2. 落としきったら濡れた布で靴の全体を拭いてやる
  3. 拭き終わったら、陰干しして乾燥しておくこと
  4. 最後に靴のケアができるクリームか、スプレーで保護をしておく

 

(水分を栄養に増殖する可能性があるので、最初から濡れた布で拭くのはNG!)

それでも取れないカビの場合には・・・

軽度の白カビの場合には、気づいた時点で早めに除去してやればわりと簡単に再生することが可能です。

 

しかし白カビでも、靴の中にも大量に生えてしまった・・・
カビは取れたけど、臭いが少し残っている・・・
黒カビが生えてしまっているようで、わりと重度の汚れかも・・・

 

といった場合には、少し落としきるのは難しいかも知れません。

 

その場合にはもう諦めて靴を捨ててしまうか、クリーニングして再生させるかの二択になってくるかと思います。
靴の素材によってはクリーニングは難しいので靴クリーニング専門の業者に任せてしまった方が安心と言えるでしょう。

 

靴のクリーニングに関してはこのサイト内で詳しく解説されています。

 

>>靴クリーニング【汚れ・カビ・臭い】を落とす方法<<

靴に白カビが生えてしまった場合の対処法とは?関連ページ

長く愛用するための靴の手入れ方法とは?
お気に入りのブランド靴を長く履き続けるに知っておきたい靴の手入れの方法について解説しています。
買う前に知っておきたい靴のサイズ選び方
ブランド靴の購入を考えているあなたへ。実は同じブランド靴でも種類によってサイズ感は違います。購入前に知っておきたい靴のサイズの選び方。