メンズ 靴 サイズ 選び方

同じブランドでもかなり違う?靴のサイズ感、サイズ選びについて

「欲しいブランド靴があるけどサイズがいまいちわからない」
とお困りではありませんか?

 

靴のサイズですが実は同じブランドの物だったとしても靴の種類によってかなりサイズ感が変わってくることがあります。

 

同じブランドから出ている商品でもブーツとスニーカーなら当然かなりサイズ感が違いますし、
中には同じカテゴリーのスニーカー同士だったとしても型が違うだけで大きさが変わってきてしまいます。

 

ではどうすればなるべく失敗せず靴のサイズ選びをすることができるのでしょうか。

なるべく失敗せず靴のサイズを選ぶ方法とは?

靴によってかなりサイズ感が変わってくるのですがある程度、自分の中で靴のサイズに対して基準を持つことで大きな間違いをすることなく正しい靴選びをすることができます。

 

世間で言われている定番の靴を1足持っておくとその靴と他の靴のサイズ感を相対的に判断しやすくなります。
所持している定番靴と比較してと少し大きめを買うか、小さめを買った方がいいということがネットのレビューなどを参考にして理解しやすくなります。

 

また同じブランド靴でもスニーカーと比較すると革靴やブーツは少し小さめに作られている傾向があります。

 

例として通常履くスニーカーのサイズ表記が26.5〜27.0cmの場合、25.5〜26.0cm程度の大きさになる場合がほとんどです。
その傾向を考えて常時履く定番スニーカーよりも0.5〜1.0cm程度小さいサイズを選んでおくと大体ジャストで履けるかと思います。

 

ネットなどのレビューをみてもいまいちサイズ感が分かりにくいという場合には
足長の実寸に合わせるよりも0.5cm程度大きめのものを選んでおくといいでしょう。

 

手の指一本分ぐらいの余裕なら多少大きくても厚めの靴下や、インソールなどを敷いておけば微調整することも可能です。

 

少なくとも小さすぎて履けないということはないので大きく失敗することはありません。

 

先細の靴など自分に合わないサイズの靴を長時間無理に履く場合には外反母趾の変形に繋がります。
欲しい靴のサイズがいつも自分が履いているものよりも小さいサイズしかない場合には無理せず購入を控えておいた方がいいでしょう。

買う前に知っておきたいメンズ靴のサイズ選び方関連ページ

靴に白カビが生えてしまった場合の対処法とは?
久しぶりに下駄箱から出した靴に白カビが生えてしまった・・・一度ついてしまったカビを落として再生させる方法とは・・・?
長く愛用するための靴の手入れ方法とは?
お気に入りのブランド靴を長く履き続けるに知っておきたい靴の手入れの方法について解説しています。